豊胸手術って?術後の痛みは?
気になる部分を調べてみた!

豊胸手術って?術後の痛みは?気になる部分を調べてみた!

術後の痛みについて

豊胸手術の後のメンテナンスは、その施術内容によって異なります。例えば、その術後の痛みが一番強いとされているのは豊胸バッグを埋め込むものだとされています。それは、メスを使って身体を切開するからです。最新の豊胸バッグを埋め込む豊胸手術は術後の触感に配慮しています。そのため、異物感は以前よりも感じにくくなっていますが、手術の後、すぐに退院出来ると考えず、しっかりとダウンタイムを計算に入れておく必要性があるのです。

脂肪注入式の豊胸手術でも痛みを感じることはありません。最先端の幹細胞移植豊胸手術でも痛みを伴います。しかし、それは注入した胸よりも抽出した部位に関して強い痛みを感じるようです。しかし、大量の脂肪を抽出しなければ痛みは長く続きません。麻酔や痛み止めによって、その痛みを緩和することが出来ることが多いと言われています。脂肪細胞を直接注入した場合にはシコリなどの異物感があることがありますが、幹細胞移植の豊胸手術はしこりになりにくいと言われており、形や触り心地も本来の胸と大差がありません。

豊胸手術のメンテナンスは、その痛みがどの程度抑えられるかという観点においても、それぞれ違いがあるため、日常生活に戻る時間に違うがあるので気をつけましょう。